冷え性になる原因とその改善策 | 冷えの相談は高松市の漢方薬局へ|不妊などのお悩みに漢方をお求めでしたら高松市の「山田薬局まつかわ漢方堂」へお任せください!高松で現在4代目の老舗漢方薬局です。

体の冷えは体調不良につながる!?冷え性になる原因とは

冷え性で悩む人は多くいるにもかかわらず、西洋医学には冷えに該当する病名がありません。そのため、体の冷えを“ちょっとした体調不調”くらいに思っていませんか。しかし、「冷え」を別の言葉で表現すると「血行不良」です。肩こりや腰痛、不妊など、後に様々な不調を引き起こす可能性がありますので、冷え性の原因やその対策について、しっかり理解しておきましょう。

冷え性を招く原因は2つ

冷え性を招く原因は2つ

冷え性に悩む人は手や足の先、肩まわり、腹部が冷えてきて、最終的には全身が冷えて寒気を感じます。

冷えは単なる“寒がり”という言葉では解決できないほど、不快や苦痛を生み出す厄介な存在です。

そんな冷え性の原因を探ってみると、以下の2つが考えられます。

内因による冷え性

貧血、うっ血、体内の水分量が多い、自律神経のバランスが乱れる、新陳代謝機能の低下などがあります。

女性に冷え性が多いのは、骨盤内に女性ホルモンを分泌する器官が集中しているためです。

月経や妊娠が影響して、腹部の血流が滞りやすくなると、冷えを強く感じやすくなります。

外因による冷え性

薄着や冷房がきいた室内で長時間過ごす、睡眠不足、偏った食生活、水分補給は冷水を好むなどがあります。

夏場は冷えを積み重ねる「積冷」と関係した冷え性が多く、女性よりも男性が引き起こしやすいと言われています。

冷え性の対策

冷え性の対策

体を冷やさないようにする

冬場はもちろん、夏でも手足や首元が出ていると、体が冷えやすくなります。外出する際はできるだけ、体を冷やさないようにしましょう。

また、冷たい飲み物や食べ物を控えめにして、運動不足を解消するのがおすすめです。熱中症対策と併せて工夫が必要です。

体を温める

全身に温かい血液を巡らせるためには、へその下あたりを温めると体全体を温められます。

また、起床したら1杯の白湯を飲むようにすると、体の芯から温まりますのでおすすめです。

そして、しょうが、カボチャ、鮭、納豆など体を温める食品を積極的に摂りましょう。

わからないことがあれば、漢方薬局に相談するのも一つの方法です。

日頃から体温を測る大切さ

体調不良になった時や発熱時だけでなく、普段から体温を測る習慣を身につけましょう。

生命活動を維持するうえで欠かせない酵素の働きは、体温が37度の時に最も高くなります。そのため、体温は現在の体調を知るための貴重なバロメーターと言っても、過言ではありません。

体調管理に役立ちますので、起床後は朝食を食べる前、夜は布団に入る前に測ることをおすすめします。

体が冷えると内臓の動きも低下し、免疫力も下がり体全体に悪影響が出ます。高松市で冷え性にお悩みでしたら、高松市中央町の山田薬局まつかわ漢方堂にご相談ください。

高松市の漢方薬局として、皆様がおだやかな毎日を過ごせるよう、お手伝いをいたします。健康に関するお悩みをお聞きして、薬剤師がお一人おひとりに合った漢方薬をご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

遠方にお住まいの方、体調が悪くて漢方薬局へ来店できない方は、電話やメールでのご相談もお受けしております。

便秘なりやすい人について

更年期の症状について

うつ病になる要因や緩和するセルフケア

心とアトピーの関係性について

不妊と漢方

漢方を専門に処方する薬局を選ぶなら

山田薬局まつかわ漢方堂とは

高松市の漢方薬局が健康管理をサポートします

店舗名 皆様のおだやかな毎日のために山田薬局まつかわ漢方堂
会社名 山田薬局まつかわ漢方堂
代表者名 松川龍之介
住所 〒760-0007 香川県高松市中央町4−16
TEL / FAX 087-831-5919
URL https://matsukawa-kanpo.com/
営業時間 9:00~18:00
定休日 水・日・祝
事業内容 漢方専門薬局
許可・資格など
■国際中医師
■薬剤師
ページの先頭へ